有料老人ホーム 白寿の里で研修をしてきました!

有料老人ホーム 白寿の里で研修をしてきました!
2018年3月15日 qol

3月14日(水)に、有料老人ホーム 白寿の里 様から『介護職でもできるリハビリ』というテーマで研修依頼があり、弊社から竹内課長(作業療法士)と吉田(理学療法士)が講師として参加してきました。
 
白寿の里は有料老人ホームを4施設、デイサービスを1施設、グループホームを1施設の計6施設を運営している大きなグループであり、弊社訪問部門とご縁があったこともあって今回のお話をいただきました。
 

開催時間が19:40〜21:00と遅い時間での開催でしたが、グループ施設から20名近くのスタッフに参加いただきました!
 
また、希望でご利用者さまも2人参加していただき、とても前向きな姿にこちらも嬉しく思いました。

  
研修では、はじめに竹内課長より、弊社の事業紹介や理念、強みなどをお話しました。


 
弊社は在宅ー通所ー就労支援の3本柱を軸にして皆の幸せを追求することで社会への価値を提供しています。
私たちの想いを皆さんに知ってもらうことで、ご利用者さまにより良い支援ができるためのきっかけにもなるため、簡単な紹介ではありましたが大切な時間になったと思います。
 

次に、吉田より、本題である『介護職でもできるリハビリ』についてお話させてもらいました。


 
ご利用者さまへのリハビリというのが主な趣旨でしたが、普段現場で身体の負担が大きい介護職の方に、自分たちの身体や精神面が整っていないと介助するときの重さの体感が変わることを実感してもらうことで、まずは自分たち自身の身体を整える大切さをお伝えしました。

今回資料としてお渡ししたものは、吉田がオリジナルで作成したストレッチブックです。

これは、主にデスクワークの方を中心に働きながらできる身体の使い方を正していく自分でできる運動をまとめたものです。

デスクワークを中心に作ってはありますが、基本的な身体の使い方を全てまとめてあるため、この中身を中心にスタッフの方、そしてご利用者さまと一緒に身体を動かしていきました。


 
少し専門的な話も交えつつ、実際に身体を動かすときの感覚の違いを感じてもらいながら進めましたが、みなさんやるたびに、
「さっきより足が軽い!」
「肩が楽になった!」
「手が握りやすい!」
などなどたくさんの反応がありました!

もちろんスタッフだけでなく、参加された2人のご利用者さまも、同じように身体が動きやすい、勉強になったと好印象でした!

ご利用者さまが楽になったということは、普段の運動も今回お伝えしたポイントをしっかりおさえれば、介護職でもできるリハビリにつながります。

最後は質問もたくさんいただき、お互いに有意義な時間を過ごせたと感じています!

ぜひ、ご利用者さまはもちろん、自分自身にも効果的な運動をしていただけたら嬉しいです。

今回は、非常に貴重な機会をいただきありがとうございました!

またこういう機会があれば、ぜひ引き受けさせていただきたいです。

「うちの施設でもしてほしい!」という声があれば、下記ホームページよりお問い合わせください!

 
☆弊社の詳細はこちらから☆

※写真の掲載は許可をいただいております。