2020年度 入社式・新入社員研修の開催

2020年度 入社式・新入社員研修の開催
2020年4月7日 金沢QOL支援センター

2020年4月1日、2日にわたって、2020年度金沢QOL支援センター株式会社 入社式と新入社員研修を行いました。
今年度は金沢で5名、名古屋で2名、東京で1名の新入社員を迎えることになりました。

新卒の方もいれば中途の方もいたり、総合職、支援員、医療職など職種も様々で、社員一同新入社員が入社するのを楽しみにしていました!
去年までは名古屋や東京に入社して方々も金沢に来て全員顔を合わせて入社式と新入社員研修を行なっておりましたが、今年は新型コロナウイルスの影響もあり、金沢、名古屋、東京それぞれの事業所にてZOOMを利用してオンライン開催をしました。

当社は以前からオンライン会議などでZOOMを利用していますが、入社式や新入社員研修でZOOMを利用するのは初めての試みであり、また今回から新入社員研修も今までよりも内容をアップデートしているため、チャレンジングな開催でした。

そんな入社式と新入社員研修の内容を簡単に振り返ってみましょう。

 

 

<入社前研修での代表・岩下からの理念研修>

新入社員研修の一環として、入社前研修があります。
こちらは例年通りであれば入社前5日間行っていますが、新型コロナウイルスの影響でZOOMにて理念研修のみの1日だけ行いました。

内容は、代表の想い、当社の理念、なぜ想いや理念が大切か、理念に基づくミッションやビジョン、自分自身の想い、などをディスカッションをしながら進めました。
特に、なぜ想いや理念が大切なのかというところでは、日本の神話、歴史から紐解き、原理原則に基づいて考えていきました。
短時間ではありますが、あそこまで日本のことを考える時間はなかなかなかったのではないかと思います。
ただ、その背景がわかると日本のことを好きになり、想いや理念が大切だということがわかって自分の会社のことが好きになります。
何よりも、自分の想いを考える時間もしっかりありますので、自分自身の人生と向き合う時間になりました。

 

<入社式・入社後新入社員研修>

入社式はZOOMにて行いました。

やや緊張した面持ちの新入社員たちでしたが、代表や役員たちからの言葉を聞き、改めて気持ちが引き締まっている様子がありました。

入社式後は新入社員研修に入りました。
入社後の新入社員研修では、当社の規則やシステム関連の説明を受けます。
そして、理念に基づいた行動基準となるリハスルールや5Sマニュアル、ビジネスマナーを1.5日かけて学びました。
想いや理念は言葉として理解するのも大切ですが、一番重要なことはそれを行動にできるかどうかです。
その行動の基準となるものを、この新入社員研修では座学とディスカッションで考えていきました。
一通り学んだ後は、入社してからどういう自分になりたいか、そのために何をしていくといいのか、目標設定をする時間も作り、各々会社の思いを理解した上で自分はどうありたいのか真剣に考えました。

 

 

この時間はとても大切で、2日間の締め括りとして疲れもあったと思いますが、有意義な時間になったのではないかと思います。
実際に、新入社員研修を受けた方からは、「ここまでしっかりとした研修は初めてだった。理念を知るだけではなく、目標設定もできた上で自分の行動も明確になってすごいよかった」と感想を受けることができました。

 

これから、新しい仲間として一緒に働き、成長していけることをとても楽しみに感じます。
これからも、新生リハス、QOLを支援する専門家集団として社会に価値を届けていきます。

 

 

※研修期間中は参加者のマスク着用、手指消毒、定期的な換気を徹底して行っております。また、その後の経過に関しても当社で既に行われている健康管理に則り、新入社員も含めた全社員が毎日体温測定やマスク着用、手指消毒、換気を徹底し、社員、利用者様共に安心してサービス提供を行っています。

ご利用さまの真のQOL向上にむけての支援を。
サービスについて知る
仲間として働く