【就労支援スタッフリポート】社内研修「サービス管理責任者研修」で得た学び

【就労支援スタッフリポート】社内研修「サービス管理責任者研修」で得た学び
2021-09-03 qol

こんにちは。
当社のスタッフの日々の様子をリポートする社内リポーターのリハスくんです。

今回は先日開催した社内研修「サービス管理責任者研修」の様子をお伝えします。

 

当社では使命である「ご利用者さまの真のQOL向上にむけての支援を行う」ために、様々な社内研修を行っています。

今回リポートする社内研修は、障害福祉サービス事業部の「サービス管理責任者研修」です。

このサービス管理責任者研修は隔週で行っています。

当社就労支援事業所は、石川県金沢市/白山市、愛知県名古屋市緑区/中区/瑞穂区、東京都豊島区、埼玉県朝霞市と各エリアにそれぞれあるため、またコロナ禍でもあることから、ZOOMでのオンライン研修を積極的に行っており、今回もZOOMでの開催となりました。

参加者は各エリア事業所のサービス管理責任者が対象です。

サービス管理責任者の資格取得は行政からの正式な研修がありますが、
・資格取得後に実働してからこそ必要な内容
・当社が目指すビジョンをもとにした理想とするサービス管理責任者になる
・他事業所での取り組みを知り活かす
ために、社内でのサービス管理責任者研修も重要視しています。

今回の内容は就労移行支援の 脳卒中・身体障害専門就労支援センター「リハス」大塚 からの事例検討でした。

この研修に参加したOさんが今回一番刺さった点は
求職期の方に対して本人の理想とギャップを埋める支援の重要性
です。

厳しい表現かと思いますが、「現実をみてもらう。」こと。
企業から求められていることを「できる」か「できないか」。

就労移行支援は復職するためのサービスでもあるため、”支援”とはいえ甘えのあるやさしさではなく、厳しいやさしさも必要です。

Oさんは、就労継続支援B型のサービス管理責任者として従事していますが、制度の内容からも今後は就労移行支援だけではなく就労継続支援B型からの就職・復職も求められているため、
・ご利用者さまの自己理解を高めることが改めて大切と実感した
・自分自身もご利用者さまとの関わり方、職業準備性ピラミッド、職業準備チェックリストの理解を深め支援員への教育へ繋げていきたい
という学びを今回の事例検討から得ることができました。

Oさんはこのサービス管理責任者研修が毎回楽しみであっという間に時間がたってしまうといいます。
コロナ禍でもあるため、各エリアにいるサービス管理責任者のなかにはまだリアルで会えていないスタッフもいるようですが、今後リアルで会ってさらに切磋琢磨がされると、当社が目指す「福祉が地域を支える社会の実現」にまた一歩近づきそうです。

以上、今回のリポートでした。
また次回のリポートを楽しみにしていてください。

 

 

「リハスで一緒に働きたい!」「リハスに興味がある」と思った方はこちらへ

【採用情報】
https://k-qol.com/recruit-special/

【金沢QOL支援センター コーポレートサイト】
https://k-qol.com

【金沢QOL支援センター ブランドメッセージ】
https://k-qol.com/brandmessage/

ご利用者さまの真のQOL向上にむけての支援を。
サービスについて知る
仲間として働く