職員コメント 寺井

職員コメント 寺井
2019年7月24日 qol

病院を出たあとが気になってしまう。

私の場合もともと県外の病院に9年間勤めていて、その間、訪問リハビリテーション業務(以後、訪問)に携わる機会がありました。訪問に対して「私にはハードルが高いのでは・・・」という不安もありましたが、それよりも在宅生活への興味や関心の方が強かったですね。
 最近石川県に転居してきたのですが、今後も訪問の仕事に携わりたいと思っていました。

 病院に勤務している時、入院している患者様の話を聞くと、「家に帰りたい」と言われる方がほとんどでした。
 退院前にご自宅での外出練習をすることがよくあったのですが、ご自宅で過ごしている時のほうが、病院にいるときよりもその人らしさがあって、活き活きされているなあと感じていました。

人として勉強になる領域。

退院されたその日から、ご自宅で安全に生活出来るよう一生懸命関わらせていただきましたが、毎回退院される患者様を見送るときは、その後の生活がとても気になっていました。「戻ってこないでね、元気でね」と見送りますが、ケガや再発で戻ってくる人もいらっしゃいました。その経験から病院のリハビリテーションでは限界があった、『自宅生活の支援』を訪問という仕事で携わっていきたいと思いました。

 実際訪問をやってみて、ご利用者様が生きてきた習慣やご家族様、環境の元で関わらせていただくため、セラピストとしての知識だけでは通用しないこともたくさんあると思いました。でもそれが面白くって、自分の常識だけではおさまらないことや、地域ならではの知識とか、人としてとても勉強になる仕事だと日々思っています。凄くやりがいのある仕事ですね。

家庭も仕事も中途半端にしたくない!!

 QOLでは働き方をその人それぞれの家庭に柔軟に合わせてくれます。
私は「家庭も仕事も両方とも中途半端にしたくない!!」という思いがありました。けれどいつまでもそんなわけにはいられません。人生の長いスパンで見て、『家族にも余裕があり協力してくれるのでガッツリ働ける時』と、『家庭の時間を優先したい、でも仕事も少しはしたい時』などがあると思いますが、QOLは人それぞれのその時々の都合に合わせて、勤務形態の相談に応じてくださいます。

 他にもこの会社の素敵な部分は、勉強会の情報もすぐわかったり、若い会社だから自分たちが考えて動いた分、会社が良くなってる!というのが見えます。尊敬できて話しやすい仲間も魅力の一つです。すごくやりがいのある仕事、働きがいのある会社ですね。

ご利用さまの真のQOL向上にむけての支援を。
サービスについて知る
仲間として働く