PT・OT・ST向けオンラインセミナーを開催しました!

PT・OT・ST向けオンラインセミナーを開催しました!
2021-10-07 qol

\  PT・OT・ST向けオンラインセミナーを開催しました /

厚生労働省の「医療従事者の需給に関する検討会・理学療法士・作業療法士受給分科会」によると、理学療法士と作業療法士の供給数は、2040年には需要数の約1.5倍になると推測されている。セラピストの将来性、制度による報酬単価減少など不安視される情報も多く上がっています。

その中で、私たちは何を考え、どう行動していくべきなのか…
そんな悩みを抱えるセラピストの方々に向けて、10月1日に弊社主催でPTOTSTキャリアセミナー

「~10年後の医療福祉業界を見据えて考える~これからの時代に求められるセラピストの在り方とは?」を開催しました!


セミナーは、当社代表取締役の岩下氏と株式会社クリエイターズ取締役の細川氏の対談形式で行いました。

【登壇者略歴】
◯岩下琢也氏
石川県金沢市出身。2006年、藤田保健衛生大学リハビリテーション専門学校卒業、作業療法士として精神科病院にて勤務。その後2008年に金沢大学医学部保健学科に編入学し、学業に励む傍ら、リハビリテーション病院、高齢者のデイサービス、認知症グループホームなど様々な現場で経験を積む。その現場経験から「障害のある方が、障害があるから問題なのではなく、障害があっても活躍できない社会が問題である!」いう想いを強く抱き、2012年1月、金沢QOL支援センター株式会社設立。同年4月に訪問看護ステーション「リハス」を開設。その後、リハビリテーションの視点を用いた就労支援施設「リハス」を創設。現在、石川県、愛知県、東京都、埼玉県にて精力的に施設展開をしている。

◯細川寛将氏
愛知県名古屋市出身。2009年、大学卒業後、作業療法士として回復期病棟にてリハビリ業務に従事。その後、大学院を経て2012年に株式会社メディカルエージェンシーを共同創業。PTOTSTの働き方・学び方メディア『POST』の副編集長として従事し、医療・介護職のキャリアについて学びを深める。医療法人にて医療連携部部長、株式会社クリエイターズ取締役含め複数法人の役員やアドバイザーとして広く携わり「医療介護系複業家」としての顔を持つ。現在、東証一部上場企業でマネジャーとして勤務。医療・介護職の複業を推奨し、法人だけでなく個人に対してのキャリアコーチングを精力的に行っている。

セミナーの内容としては2本立てでお送りしました。


前半は、今後活躍できるセラピストになるために求められることについて、作業療法士であるお二人の経歴や現在のお仕事についても織り交ぜながらお話しを聞きました。お二人とも経歴や創業ストーリーを熱く語ってくださいました。

セラピストの活躍のフィールドが拡がっている今、どんなことを意識していけばいいのか・・・示唆に富んだ内容が盛りだくさんでした。

後半では前半に取り上げられた「障害福祉とセラピストの関わり」、主に就労支援についてより詳しくお話を聞きました。実際に現場で働くセンター長にも、実体験に基づくお話をして頂きました。転職を迷われているセラピストの方には興味深い内容だったのではないでしょうか。


参加者の方はZOOM越しでしたが沢山質問もいただき、直接対話しながら交流することができてとても有意義なイベントでした。


~参加者の方からの感想(一部)~

————————————

「福祉で働くOTのイメージがなんとなく分かってきました。事例検討などで具体的な支援の内容や、どのように作業分析しているのかなど知れたら嬉しいなと思いました。動画とても良かったです!」

「これからのセラピストにおいて必要なスキルをたくさんご教授頂いた中で、1番重要だと感じた事は、自分をアウトプットする機会を増やしていく事だと感じました。」

「とても楽しかったです。皆さんカッコ良かったです。ありがとうございました!」

————————————

・・・その他多数の感想をいただきました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!!

金沢QOL支援センターでは、「福祉が地域を支える社会の実現」というビジョンのもと、就労支援に興味を持っている方、リハスのパートナー(FCとして)加盟に興味がある方を募集しています。必要に応じて個別面談なども行っておりますので、ご希望の方はお気軽にお問い合わせ下さいね!

 

\  当社の採用募集に関してはこちら

\  当社のパートナー加盟に関してはこちら

 

また今後も様々なセミナーやイベントを企画していきますので、随時チェックもお願いいたします。

 

 

ご利用者さまの真のQOL向上にむけての支援を。
サービスについて知る
仲間として働く