訪問看護(リハ)を知る

看護部長メッセージ

みなさんこんにちは、金沢QOL支援センター・訪問看護・リハビリステーション「リハス」の三輪と申します。

 「リハス」は、スタッフの総数が30名を超える県内最大規模の看護ステーションです。主治医からの指示に基づき、必要なリハビリスタッフや看護師を派遣し、ご自宅で療養生活が送れるように生活の質(Quality of life)を支援しています。

 日々訪問看護を行なっていますと、“care”の語源は訪問看護にこそある言葉だと強く感じています。ご利用者様に寄り添える訪問看護を目指し、地域-社会に素晴らしい価値を提供できる事業所にして行きたいと思っております。

 私たちと一緒に地域医療、訪問看護をはじめてみませんか?
臨床経験のある方はもちろん、経験のない方も、親切・丁寧に指導致します。ご利用者様に寄り添い、地域社会に素晴らしい価値を提供できる訪問看護に、ご興味のある方と共に働けることを希望しています。

訪問看護ステーション部 看護部長 三輪きん子

訪問看護(リハ)の1日の流れ

私たちは、1日に4件から6件のご利用者様宅を訪問します。
訪問業務は各スタッフ毎にその日のスケジュールが異なるため、なかなかみんなが顔を合わせて話をする機会が作りにくいですが、
朝礼や終礼、休憩時間などの際のスタッフ間の報告、連絡、相談、コミュニケーションを大切にして日々の業務を行っております。

看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士
8:30 12:00-13:00 17:30
朝礼 ・業務連絡・1日のスケージュールの確認・自宅から1件目の訪問先へ直行する事も 訪問への準備 ・必要な器具の準備と点検 訪問先へ出発 ・車や徒歩で訪問先へ向かいます・市内の訪問が多く移動時間は10分~30分程度 午前の訪問 ※訪問の際、バイタルサインチェックは必ず実施します。 昼休み ・12時前後にステーションに戻り休憩 ・車内で休憩(昼食)を取ることも、みんなでランチに行く事もあります。 午後の訪問 ステーションに戻る ・訪問実績入力 ・記録作成と状況報告 終礼 ・業務連絡 退社 ・明日以降の訪問の準備等、業務が終わり次第退社

1回の訪問の流れ

一回の訪問はおよそ40分から60分であることが多いです。交通手段は自動車がメインなので、道にも詳しくなります。
ご本人様やご家族様、施設職員さんへの元気な挨拶からその日の訪問が始まります。
※各時間配分についてはあくまでも目安であり、ご利用者様や状況によって異なります。

0分〜 挨拶 ・玄関でご挨拶 ・自分の身分をはっきリ告げる ・初めて伺うときは名刺を渡し自己紹介 5分〜 手洗い ・アルコールで消毒 もしくは洗面所をお借りして手洗い 10分〜 状態観察後 治療・処置・リハの準備 ・血圧・体温等のバイタルサインの計測 ・ご家族様の介護具合や体調等の確認 20分〜 治療・処置・リハ ・処置、入浴等の清潔ケア、リハビリテーションプログラムを実施。 50分〜 片付け・記録・サインを頂く ・後片付け ・手をアルコールで消毒・ 元の環境に戻す もしくはご利用者様とご家族様の希望する状態をセッティング 55分〜  ご本人様・ご家族様への伝達 ・病状から予測される事、注意してほしい事、次回訪問までに行って欲しい事、次回訪問日時をご利用者様、ご家族様に伝える。 60分〜 退室 ・忘れ物がないかを確認