求める人財像

弊社では、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、介護支援専門員、相談支援員、社会福祉士、精神保健福祉士など
多職種のスタッフを募集しております。

専門職としての働き方は様々ですが、私達、コメディカル職種においては、まだまだ職域が狭く、一般の社会、地域に
それぞれの素晴らしい知識、技術は生かしきれていないと日々感じています。

弊社では、企業活動において、今までに無い、専門職としての働き方、職域の拡大に挑戦し続け、
たくさんの新しい事業を立ち上げて行きます。
また、その過程で「専門職の知識、技術の更なる発展と各々の専門職のブランディング化」を推進していきます。

私達の知識、技術は病院、施設という狭い空間だけに提供するものではなく、
もっとたくさんの方に…、もっと身近に…、もっと社会に…、もっと地域に…、サービスを展開しなければなりません。

私たちと共に新しい専門職としての働き方を創出して行きましょう。

QOL人財像 5つのキーワード

1.素直な人

社会は変わっていきます。そして私たちが一番大切にする「人」の価値観も変わっていきます。
その変化していくニーズに対応していくためには私たちも変化しなければいけません。
その進化を拒まず、新しいことに挑戦できる「素直さ」を私たちは常に重視しています。

2.「ありがとう」と「ごめんなさい」が言える人

「ありがとう」ということで人は認め合い、「ごめんなさい」ということで人は許しあえます。
つまり、これらの言葉を素直に人に伝えることができるひとは人を幸せにする基本があると考えています。

3.人に優しくできる人

私たちは医療-介護サービスを通して、ご利用者様、患者様を幸せにします。
単なる表向きの優しさではなく、ご利用者様の事を真摯に考えて、最良のサービスを提供するために、
「誠実さ」「厳しさ」という優しさも重視しています。

4.責任感がある人

私たちは人の「人生」「生活」「命」という、もっとも大切なところに支援をさせて頂く立場です。
その為、常に自分の人間性、知識、技術の研鑽、成長に対する責任があると考えます。

5.「強み」を成長させたい人

私たちは、人は「強み」によって成長し、「強み」によって成果を上げると考えています。
自分の「強み」を明確にし、そしてそれを成長させたい人を求めています。
「苦手を克服」より「得意(個性)を伸ばす」という視点を大切にしています。

募集要項

QOL支援センターでの、現在募集中の職種は下記になります。

                                     
マイナビ2019