わたしたちの想い

社会への価値 = 皆の幸せ 社会への価値 = 皆の幸せ
わたしたちのサービスは「」が全てです。人がヒトを幸せにし、ヒトに幸せを与えます。
企業活動の中で常にそれを意識し、関わる全ての人が「最幸な尽生」になるように、
社会に価値を提供し続けます。

私たちの使命

ご利用者さまの真のQOL向上にむけて支援を行う。 ご利用者さまの真のQOL向上にむけて支援を行う。

真のQOL向上とは。
単なる医療者が掲げる「QOL向上」ではありません。
ご利用者さまが本当に何を求め、どうなりたいか、どうしたいか、を適切に捉え、
それを最大限に尊重した上で医療者としての専門的な支援を行うこと。

私たちの目指すこと

地域で医療 - 介護を創造し、世界へ発信する。 地域で医療 - 介護を創造し、世界へ発信する。

地域で創造とは。
日本は”超高齢化先進国”です。
この、世界では類をみない社会環境の中で私たちは常に新しく、
そして質の高い医療-介護サービスを考え、創っていく必要があります。
世界へ発信とは。
日本が「ものづくり産業大国」として、世界に大きな価値を提供している中、
次の世代に必要なものは医療-介護サービスという名の「おもてなし産業」であると考えます。
“超高齢化先進国”で培った質の高い地域医療-介護サービスを世界に発信し、世界に価値を提供します。

こころに残る体験

ご利用者さまとご家族から元気をいただきました。
訪問看護歴 1年目 看護師・S

先日、担当していた80代の多発性肝臓癌のご利用者さまがご逝去されました。
ターミナル期であり、ほぼ毎日のように訪問させていただきました。最後の訪問も私が担当し、訪問後の夜間に急去されました。
最後に何か気づいてあげられなかったのかと後悔はありますが、訪問の度に「ありがとう」と言ってくださり、イケメンになったと言うと、とびっきりの笑顔を見せてくださいました。

この時期、私は別のご利用者さまのご家族との関わり方に悩んでいました。
そのような中で、毎回こちらのご利用者さまのお孫さんが「ナースさん!じーちゃんが待ってます」と笑顔で出迎えてくださり、ご利用者様の笑顔とお孫さんに逆にいつも元気づけてもらっていました。
ご逝去された後も、お孫さんから感謝の言葉を頂き、これから訪問看護に携わっていく中で、こちらのご家族との貴重な出会いが、私の原点になると感じました。

ご利用さまの真のQOL向上にむけての支援を。
サービスについて知る
仲間として働く